スポンサーリンク

【レビュー】お湯なしでカップラーメンを食す。生で食べるほうがおいしい説【その1】

数字で表せないなにか

※今回紹介する方法はネタ寄りな所があります。カップラーメンにお湯を入れないことはメーカー非推薦。体が弱い人、味覚が鋭い人、消化器系が弱い人等にはオススメしません。やるんだったら自己責任でお願いします。

自転車の練習を頑張った日はとてもお腹が空きます。信用できないの消費カロリーの数字が2000kcalを超える日には、いっぱい食べたくなってしまう。
がんばった日くらい、体に悪い食べ物を食べても許される、そんな気がする今日この頃。

今回紹介するのは、カップヌードルを砕いて食べる頭のおかしい方法です。youtubeショート版もあるので好奇心旺盛な人はドゾー。

スポンサーリンク

カップラーメンを生で食べる、頭のおかしいやり方

やり方はとてもシンプル。

①ビニールを外さずに容器を回しながら中心に向かって1周砕きます。
ビニールをあらかじめ外すとフタが開いて中の粉が出るので注意。

②麺の塊が小さくなったら完成です。

たのけん
たのけん

1分以内に出来てしまう、なんて簡単なんだ・・・

味の方は、塩っ辛くてうめーwwww

残った粉はチーズを山ほど入れて後ほど飲みますよ?

生で食べるラーメンの選定ポイント

今回はカレー味を使用しました。
他にも醤油、シーフード、塩、味噌といったスタンダードの味だったらすべて美味しくいただけます。

日清(130円、高級品)だろうとカップスター(98円、少し安い)だろうとPB(78円、激安)だろうと基本全部おいしいです。 

直近の日清カップヌードル製品だと「抹茶仕立てのシーフードヌードル」「レッドシーフードヌードル」「 チーズクリームシチューヌードル」を試しましたが、どれも美味しくいただけました。

ラーメンの種類の注意点

この食べ方は揚げた麺での方法になります。 カップヌードルのような型の円柱容器だったら基本的に揚げた麺なので大丈夫かと思います。

因みにノンフライ麺でも生で食べたことがありますが、パリパリという軽快な食感がなく、まともに嚙み切れずとてもまずかったです。

こんなことやるやついないと思いますが、念のため記載しておきます。

この食べ方が生まれた日

この生で食べるこの方法、実は筆者が小学生のガキンチョの頃に発明したんですよ。

当時から、ブタメンという小さなカップラーメンがあったのです。

当時の駄菓子屋での販売価格は60円。それに対してお湯代が10円加算されるシステムでした。
小学生のころだと、10円でも大金。でもブタメンは食べたい。そこで思いつい少年たのけん。

たのけん
たのけん

そうだ、お湯を入れないでカップラーメンを食べれば10円が浮く。

そんな涙ぐましい過去を経て、20年以上経った現代でもその食べ方が続いているのです。

生で食べるときの個人的考察

中学生でも当然のごとく、この食い方をやっていました。
夕飯の前でもカップ麺ごとき1個ペロリです。
そんな筆者を当時から見ている友人がいます。
そやつと毎回議論になる話題があるんですよ。

それは、塩分摂取量。

筆者の考え

カップラーメンにお湯を入れて完食する=ラーメンを生のまま粉まで食べる+同じ量の水を飲む


筆者的にはお湯を入れても生で食べても、どっちでも塩分摂取量は同じと考えています。
しかし友人は20年以上経った今でも納得してくれませんw
彼の言い分は、感覚的に納得できないというような感じです。

そもそも論で、カップラーメン自体があまり体に良いものではないので、不毛な言い争いだと感じてはいますw

まとめ:「その1」ということは・・・

とても自転車とは思えない今回の記事。

それもそのはず、筆者はお酒こそ控えていますが、「しょっぱい物」や「甘い物」「味の濃いもの」は大好物。これはしばらく辞められそうにありません。

それとタイトルのところに不吉な数字が・・・うん、気になりますね。

今のところあと2シリーズ続く予定ではあります。

Twitterでバズってでもしたら、すぐにでもあげたい気持ちはあるのですが・・・
今回の記事の反応を見て更新速度が大きく変化するものと思われます。

あとこの食べ方は冒頭にも書きましたがネタ記事です。

日本で5本の指に入るぐらい炎上に恐れている当ブログ。
こんなクソみたいな記事に

読者A
読者A

こんな食べ方はダメだっ!!!

というすごく真面目な人が来ないことを祈っています。

もう本当お願いします。こんな下らないことで炎上したくないんです。
燃えた瞬間、超謝罪します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました