スポンサーリンク

バーテープに見るプロの技。見た目は同じでも確かな違いのグリップ感。

数字で表せないなにか

先日、クロモリバイクのワイヤー交換をショップに依頼しました。

お馴染みの目立つバーテープは3000km以上走っている今現在でも劣化なし。

耐久性高すぎ・・・

バーテープは劣化していなかったので、アウターワイヤー交換後も再度使用することにしたんです。

そして、帰ってきたバイクに乗った瞬間分かる、確かな違い・・・

たのけん
たのけん

バーテープ君、お前握りやすくなってないか??

スポンサーリンク

触った感じが違う

今まで自分で巻いたバーテープは、なんかこう「ふわっとした」感じでした。

ハンドルを握ると「ワンクッションある」そんなイメージ。

しかし、ショップで巻きなおして貰ったモノは、ハンドルにピッタリ寄り添う感じ。

筆者がこれまでバーテープを20回程度巻いた経験があります。

そこそこ経験を積んでいるつもりでした。

しかし、プロの腕前には足元にも届いていなかったようです。

因みにですが、プロが巻いた間隔も均等で、自分で巻いた雑なモノとは大違い。これは、美しい・・・

「バーテープの握った感じがいい」

たったこれだけで自転車に乗るのが楽しくなるとは・・・自転車は奥が深いですね。

テンションが甘かった

昔筆者がバーテープを巻いている時に起きた悲惨な出来事があります。

それはバーテープを引っ張りすぎて引き裂いてしまったこと。

新品のバーテープがビリビリになって、この時は悲しかった。

それ以来、若干弱めにテンションを掛けて巻いていたのが「ピッタリ」としなかった要因だと思います。

ようつべの動画だと、ちょうどいい力を掛けるなんて分からんのです!!

同じモノでも違うこと

今回の教訓は、同じモノでも「使用可」と「素晴らしい」こんな違いがあるんだなー、ということ。

よく例えられる違いでは「フレーム」や「ホイール」の値段帯での性能の違いですが、まさか同じ勝因で体感できるとは・・・

感動しすぎてショップにお礼のメッセ送るほど感動した。

いい経験になりました。

過去に友人に頼まれてバーテープを巻いて散々なことになったことがあります。

以前にも増して他人のバーテープは巻かない、こう心に強く思いました。

タイトルとURLをコピーしました