スポンサーリンク

【2022年版】ルーフマウント型サイクルキャリアおススメ5選!!

インプレッション

車に自転車を積み込み移動する方は多いと思います。

ルーフ型のサイクルキャリアの1番の利点は車内を広く使える点です。

ローディー
ローディー

車内に自転車積んでいた自転車をルーフに載せたら、荷物載せるスペースができたよ~

たのけん
たのけん

MTBやシクロの泥汚れを気にしなくていいのも便利だよね!

この記事を読んでわかること

●ルーフ型サイクルキャリアの種類
●各メーカーのルーフマウントキャリアのスペック
●筆者が実際4年間愛用しているルーフ型サイクルキャリアの紹介

小型の車に装備すると便利なルーフ型サイクルキャリアをまとめました。

スポンサーリンク

「ロードバイク」「MTB(マウンテンバイク)」の運搬で役立つルーフ型のサイクルキャリア「3つの種類」

ルーフ型サイクルキャリアには3つの種類があります。

●フォークダウン式

前輪を外してフロントの固定具+後輪で固定する。
スルーアクスル、クイックリリースどちらか使用の際にアタッチメントが必要な場合がある。

●タイヤホイール固定式

タイヤホイールを挟んで固定する。
ホイールを脱着しなくていいので手間がかからない。

●フレーム固定式


フレームをバーで固定+前後輪をバンドで固定する。
カーボンフレームNGの場合あり。

値段はフォークダウン式が比較的安めですが、ホイールの固定方法(QRかスルーアクスル)により手持ちのバイクでアタッチメントが必要な場合があります。

タイヤ固定式、フレーム固定式は幅広い自転車の固定が可能です。

サイクルキャリア紹介 5選

ここからは実際の商品を紹介します。

対応タイヤサイズや特記事項もまとめたので参考にしてみてください。

カーメイト inno XA391 フォークロックエアロベース用 

innoの専用エアロベース「Tスロット」と呼ばれる溝を使用することにより、スタイリッシュに取り付けが可能な製品です。

Tスロット取り付け専用品なので、普通の汎用バーには装備できないのでご注意ください。

●固定方法:フォークダウン式
●メーカー小売り価格:¥14,800
●適応タイヤサイズ:20-29インチ
●最大積載重量:15kg
●特記事項:9mmアクスルシャフトの一般的クイックリリース車に対応。

カーメイト inno IN385 サイクルアタッチメントST

価格が安い部類になる本商品。

しかし、カーボンフレームに使用すると破損の恐れがあると記載があります。

金属フレームや、ママチャリの運搬が可能です。

●固定方法:フレーム固定式
●メーカー小売り価格:¥ 11,429
●適応タイヤサイズ:
・MTB : 20~26インチ
・ロードレーサー : 650C/700C
・ジュニア : 16~20インチ
●適応タイヤ幅:55mmまで
●最大積載重量:17kg
●特記事項
・対応ダウンチューブ : 直径22~60mm
・カーボンフレームNG

カーメイト inno INA389 タイヤホールド 2

筆者も愛用している「タイヤホールド2」。

値段は安くはありませんが、MTBからロードまで適応している点ホイールの脱着が不要なためカンタンに載せられる点は値段以上の価値があります。

4年間使用した感想記事を以前上げたのでこちらもご覧ください。

●固定方法:タイヤホイール固定式
●メーカー小売り価格:¥ 28,000
●適応タイヤサイズ:20インチから29インチ
●適応タイヤ幅:18Cから2.7インチ
●最大積載重量:23kg
●特記事項:泥除け付の車両(ママチャリ含む)は積載不可

THULE(スーリー) フリーライド532  TH532

こちらのフレーム固定式もカーボンフレームはNGとなっています。

ベースキャリアにはTトラックと通常バーに対応。

アダプター交換だけでそれぞれに対応しているのはうれしいところですね。

●固定方法:フレーム固定式
●メーカー小売り価格:¥19,800
●適応タイヤサイズ:16インチから29インチ
●適応タイヤ幅:3インチ
●最大積載重量:17kg
●特記事項
・適応する円形フレームの最大寸法:22mmから70mm
・適応する楕円形フレームの最大寸法:65×80mm
・カーボンフレームNG

THULE(スーリー) プロライド サイクルキャリア TH598

別売りのプロテクタを購入すればカーボンフレームでも使用可能になります。

適応フレームサイズも幅広く使用できるモデルです。

●固定方法:フレーム固定式
●メーカー小売り価格:¥31,680
●適応タイヤサイズ:16インチから29インチ
●適応タイヤ幅:3インチ
●最大積載重量:20kg
●特記事項
・適応する円形フレームの最大寸法:22mmから80mm
・適応する楕円形フレームの最大寸法:80×100mm
・別売りのプロテクターを使用すればカーボンフレームOK

背の高い車には折り畳み式の足場を使おう

車に自転車を載せる際は、余裕を持つことが大切です。

筆者の車は背が低いため問題ありませんが、無理して背伸びをするようなら要注意。

そんな時は無理せずに折り畳み式の足場をトランクに入れておきましょう。

自転車を倒して傷をつけてしまう前に踏み台で安全に載せることをおススメします。

タイトルとURLをコピーしました