スポンサーリンク

ルコックを見ると目で追うし、つい買ってしまう

インプレッション
IMG_9249

生まれてこの方30年ちょい生きていますが、好きなブランドとは皆無の人生を突き進んでいました。買う基準となるのは値段で次は機能性、見てくれなんて2の次3の次で「ブランドとか全然興味ねーしwコスパ重視だろww」とか思っていたわけです。しかし、ここ半年でルコックの服やサイクルウェアが一気に増えてきました。俗にいうコスパがいいものと言ったらパールイズミやシマノなのでしょうが、ルコックに心惹かれる。配色や作りがエキサイティングでアメイジングなのでついつい買ったりしてしまうのです。

君の存在に心奪われた男だ!

しかしこの斬新さが受け入れられない人もいるようです。以前友人と買い物に行った際に、ワンポイントで蛍光色が入っていた服を見て、私は絶賛(ワンポイトがいい!!)に対し友人は酷評(ワンポイントがすべてを台無しにしている)といったことになり、お互いの人格まで罵る案件に発展したという過去もあります。
まぁ身に着けるものの好みは千差万別なので、着ている本人がよければいいんじゃね?と思えれば平和に過ごせるかと思いますが・・・
家にあるお気に入りのウェア4選

IMG_9226

QC-844171
夏物の長袖でタイトフィットのウェア。腕を焼きたくないので去年はこればかり着ていたら腕の縫い目がほつれてきて結構縫い直した。耐久性は期待できないけど、柄が好きなのでお気に入り。できれば予備も購入したかった。袖に腕を通すときは結構気を使う。
IMG_9229

QCMLGA40
入間のアウトレットで購入。色はおとなしいけど、タイトフィットなのと袖のワンポイントがナウい。背中はメッシュになっていて、THE夏用といった感じ。同じデザインのグローブと買ったので、「ベストマッチっ!!」と叫びながら合わせて着用することが多い。
IMG_9227
QCMMGC62
一番初めに買った冬用ジャケットがボロボロになってきて探していたところ、「斜めジッパーかっけぇぇ」という一点のみで購入したもの。かっこいいけど、ライド中に熱くなってジッパー下げるときに普通のジッパーと場所が違うため、位置を探して下げないといけないのが地味に面倒。これは想定外・・・それ以外はとても良い。しばらく着ればなれるか?もう春だけど。あと胸にポケットがついているが、何を入れればいいのか誰か教えて?ライドに小銭は持って行かないので小銭以外で。
IMG_9228
QMMLJK03AP
サイクルジャージでなく運動着。この並びの中で一番アレな色使い。これを着て駅前まで走っていき飲み会に参加したりもする。ただ、白の面積が多いため、しょうゆのような色の濃いものの汁が飛んでこないかといつもびくびくしている。食事中は極力脱ぎたい。配色が心なしか仮面ライダーマッハに似ているので、着るときはどこからともなくシグナルバイク ライダー マッハ」と聞こえてくる気がする。

そんな気に入っているルコック。好きなところは色使いやデザインといった所なのですが、いいところばかりでもないんですよこれが。

なかなかお高い
ものすごく気に入ったうえで、限定やら逃したら手に入らないレベルじゃないと定価じゃ買えないです。基本は中古やアウトレットで買うことが多い。佐野のアウトレットにもルコックが入っているのですが、サイクルウェアの扱いはほぼなく(稀においているけどホント稀中の稀)入間のアウトレットで購入することが多いです。運がいいと、定価の半額以下で変えたりします。横の店舗にワイズロードもあるので入間と佐野のアウトレット交換してほしいと思う。
中古品は実物をみられない為、写真のイメージで買うのでリスクはありますが、安く買えたりするので一長一短。昔の物の方がワンポイントのラインが刺繍だったりとひと手間込んでいることもあるのでひと昔の物が好きだったりします。(機能面も劣ると感じないし)
温度対応が書いていない
パールイズミ買った人なら知っているかと思いますが、対応温度が記載されています。しかし、ルコックは記載がないので、目安が夏用や冬用といった感じでふわっとしています。私が見極めている基準は、冬物は真冬用だったら定価の値段が高いと対応温度が低い(寒い気温に耐えられる)ような気がします。あくまで目安なので、実物見て買いたいですが、やむなしでネットで注文する際は、可能な限り情報があったほうが買い間違いが少なくなると思います。
因みに、夏物だと同じLでも明らかにサイズ小さいだろ、というのはタイトフィットだったりします。ぴちっと感が好きなのでタイトフィットを買いたいですがラインナップが少ないのが悲しいところ(需要がそんなに多くないのかも)
ウェアは一期一会
ウェア(服)ってその年でしか売っていない上に、シーズン終わりになると欲しいサイズがなかったりするので一期一会だと感じます(でもシーズン終わりになったほうが値引きの恩恵を受けられることもできるのでデメリットばかりでもないですが)
以前は着られればいいや、といった考えでしたが、今は「このウェア着てでガンガンいくぜぇ!!」といった様に気分で選んで、もっとこのウェアきてライドに行きたいといった考えになれたので良かったと思います。
しかし、ウェアも買いすぎて増えてくると、ドラフト会議が開催されるので断腸の思いでメルカリに出したりしないといけないのが心苦しかったり。あと長年使っているとボロボロやよれてきても捨てられなかったりもしますよね。チームジャージも何かと増えていくので、着るものが増えるのはロード乗りの宿命な気がします(特に夏物の半そでジャージ(ビブセット)が増える気がする)

コメント

タイトルとURLをコピーしました