スポンサーリンク

久々のターマック。SL6は2017年のフレームだけど軽い、よく登る

トレーニング日誌

最近クロモリバイクばっかり乗っていたので走り始めはターマックを引っ張り出してきました。久しく乗っていなかったのでdi2のバッテリーもライド前にきちんと確認していつもの山へ練習へ。

確かクロモリより2キロくらい軽いので登りもグングン進んでいきます。ここまでの重量差があると、鈍感な自分ですら違いを感じることができます。もう購入してだいぶ経ちますが、腐ってもハイエンド。もし売ることになってもリセールバリューのお値段もつく・・・はず。

しかし、自転車の値上げが凄まじいので直ぐには乗り換えは難しいですねー。一昔前はS-WORKSで100万円!!と聞くと

「車買えるじゃん!!」

という声を聞きました。新車だと100万の車は結構限定されましたが、それも過去の話。令和の今は自転車の新車が180万になり、リアルに新車買えんじゃん!!というエンドユーザーには嬉しくない時代が来てしまいました。ニューVENGE発売の時に買った人は個人的にいいタイミングだったと思います。

SL7は通常スペーサー使えたんだっけ?

VENGEには使用できないスペーサーもSL 6には使用できます。SL8が出る頃には200万とかになっていたりするのも笑い話でなく結構現実を帯びてきたり・・・でも最近は自転車変えても速さには直結しないように感じてきたので、もう壊れるまでSL6でいいかな?でも乗る比べたらSL7が欲しくなることは容易に想像できるので、絶対に試乗会には参加しないでおこうと思います。

タイトルとURLをコピーしました